仕組みを理解し
「脱かかとジプシー」
卒業へ。

人知れずかかとの悩みを抱えている女性は、多いと言われています。
具体的には、ザラザラになる、カチカチに硬くなる、白い縦線が入る、ひび割れるなど、程度のほどは様々ですが、どちらにしても人前で堂々と素足になれない状況であることは確か。
あらゆるフットケア製品でいくらお手入れをしてみても、いっこうに改善の兆しがない!なんていう経験、ありませんか?
実は、かかとを取り巻く環境は身体の他の部位に比べ結構複雑なのです。
今回はそんな「かかと環境」を正しく理解しながら、かかとジプシーを卒業し、♯かかと美人になるための綺麗の法則を考えていきましょう。

かかと悩みの原因は、
大きく4つ!

▶︎ 原因1:外的刺激
足裏は、私たちの体重を支えるために毎日頑張ってくれています。
特にかかとは、毎日常に圧力や摩擦のかかる刺激の多い場所。そのため身体のどこよりも角質を厚くし、クッションの役割を担っています。
ところが、刺激を受けて角質が厚くなりすぎると、皮膚は弾力をなくし、ただただ硬いかかとへと一直線。また、余分に増えすぎた角質が餌となって菌の温床にも。
実はこれが足の臭いのモトになるというから大変です!
柔らかいかかと、清潔なかかとのためには、常に最適な皮膚の厚さを保つことが欠かせません。
▶︎ 原因2:乾燥
足裏といえば、蒸れやすくいつでもしっとりしていそうなイメージがありますよね。でも実際にはその逆。足裏はひどく乾燥しやすい環境にあります。その理由は汗腺はあっても皮脂腺がないという、特殊な皮膚構造にあります。つまり、足裏は汗は出ても皮脂はほとんど分泌されないということなんです。

通常、私たちの肌の表面は、皮脂が薄く膜を作ってくれることでそれがバリアとなり皮膚内部の潤いが外に逃げないよう守ってくれています。 しかし、皮脂腺のない足裏にはそのバリア機能がほとんどありません。汗の本来の役割は、体温を調節して肌を柔軟に保つこと。残念ながら、汗だけでは潤いを保つ役割には不十分なのです。

潤いをなくして乾燥したかかとは、ガサガサ、ザラザラなどの悩みへと繋がっていきます。
さらに、乾いて硬くなった皮膚が体の重さに耐えきれず、ひび割れて血が滲むなんていう悲惨な状態にもなりかねません。こんな悩みを解消するためには、「潤い」というキーワードが不可欠なのです。
▶︎ 原因3:
運動不足や足のポンプ機能の衰え
リモートワークが日常となり、出勤日数も少なく、ここ最近は、ほとんど歩いていないという声を多数聞きます。
足の巡りの要となるふくらはぎのポンプ運動は、正しい歩行や階段の昇り降り等でその実力が発揮される部位。普段運動習慣がなかったり、階段を使用せずエスカレーターばかりを使用しているといった方は、ふくらはぎのポンプ機能があまり活用されていない状況にあるかもしれません。ふくらはぎは別名「第二の心臓」とも呼ばれ、心臓から全身へと送り出された血液を足元から心臓へと送り戻す大事な役目があります。
ただでさえ女性の足元は腱が柔らかく、ぐらつきやすいので、足のポンプ機能も弱くなる状況に。血液が全身に巡ることで新陳代謝を高め、お肌の生まれ変わりをサポートするので、巡りが悪いということはこれらお肌の再生リズムにも影響を与えてしまっているということがいえます。
▶︎ 原因4:疲れやストレス
かかとの乾燥にストレスが関係するの?と思われるかもしれないですが、ストレスはかかとの荒れに大きく影響を与えます。
加齢やストレス、紫外線などが原因でお肌の再生能力が衰えてくると、角質がはがれ落ちる機能が低下します。その結果、古くなった角質が厚く皮膚の上に蓄積されたままとなり、かかとのカサつきが起こり始めます。また、疲れやストレスがたまると、体調のリズムを整える体内ホルモンのバランスが乱れ、その結果同じ様に、肌の新陳代謝やバリア機能が低下し、かかとが分厚くなるというわけなのです。
年齢とともに年々かかとのガサガサが気になってきたという方は、体の内側の新陳代謝の乱れにより、古い角質が溜まり、角質肥厚を引き起こしている可能性があります。
疲れやストレスを放置したままでいると、かかとにも影響してくるので、こまめにストレスを発散する、その日の疲れはその日のうちに取り除く、また睡眠の質を高めるなどを心がけてください。


ツルツルかかとに
必要なケアや習慣

さて、かかとを荒らす様々な原因がわかったところで、具体的にはどんなケアが必要でしょうか。
かかとの悩みを解消するには、適度な運動やリラックス、そして角質と潤いがキーワード。運動やリラックスは道具がなくてもすぐに始められますが、その他は何かしらの対処法を見つける必要があります。
これまでありがちだったのは、軽石などを使って厚い角質を削るというお手入れ方法。一家に一つは存在すると言われる日本古来の代表的なかかとケアアイテム。
確かに増えすぎたものは取り去る必要はありますが、ただ「削る」という行為は皮膚にとって強い刺激となり、より一層角質を厚くし逆効果となることがほとんどです。

プロの手に委ねるのなら安心ですが、角質は取っても良い箇所と、すぐにとってはいけない箇所の両方が存在し、自己流ケアではその判断がとても難しいので、「かかと美人」になるためには、なるべくお肌に過度な刺激を与えない優しいケアを見つけることが先決です。 万が一、自己流ケアで角質を除去した際に気をつけることは、取り去った後のアフターケアです。これまで、フットケア=角質除去のケアのみを取り入れていた方は、ぜひその先のケアで「保湿」をプラスしてみてください。かかとが荒れる原因でお伝えした様に、常に足裏は非常に乾燥しやすい極悪な環境です。

角質ケアで余分なものを取り去るマイナスのケアをしたら、次には必ずプラスのケアを行うことが不可欠です。

そこでLYKKEがお勧めしたいのが、濃密なテクスチャーのクラックドヒールバームでのお手入れです。
10年の歳月をかけ完成したかかとのためのブレンドには様々なこだわりがいっぱい詰まっています。
スティック式なので、リップクリーム感覚で片手で簡単にお手入れができ、手を汚さないでケアができる優れものです。

また、専用のジェルソックスを併用しながらお手入れを行うと「寝ている間にかかとが綺麗に」なんてことも可能に。
毎日のケアで、お顔、髪と続き、末端の足のお手入れまでは、全く手が回らないという方がほとんどです。そんな方は、ぜひスリープジェルソックスを履くことで寝ながらでも十分に楽して綺麗が手に入ります。
今であれば、日中のリモートワークの最中の足元でも活用することできお仕事しながら一石二鳥でかかとケアが叶います。

#かかと美人への早道は、なにはともかくこまめな「保湿ケア」です。
かかとも顔と同じく一枚の繋がった皮膚なので毎日の保湿を必要としています。今まで、お手入れしては挫折して…を繰り返してきた方こそ、こまめな保湿を中心としたかかとケアにぜひ切り替えてみてください。
また、お手入れは、できれば週末にまとめてではなく、1日1分でも毎日続ける方が、綺麗への早道になります。

ツルツルのかかとは、誰が見ても気持ちのいいものですし、足元まできちんとケアが行き届いていると、何よりも自分への自信へと繋がり、毎日の生活も楽しくなっていきます。
さらに、かかとは、若さのバロメーターにもなっているので、日々の自分のかかとを観察しながら、自分の内側の環境もチェックしながら、正しいお手入れ&上手にリラックスする方法を見つけてを綺麗を実践していきましょう!